2016年09月

2016年09月06日

某ドラクエのタイトルみたいになっておりますが。
卵管造影の写真がありますので、苦手な方は読み飛ばしてください。






不妊治療専門ではないクリニックで不妊治療を受けていました。
8ヶ月ほどタイミングで様子を見ていたのですが、一向に懐妊せず。
当時通っていた漢方の先生の薦めもあり、卵管造影に挑むことにしました。

結果

右→子宮近くで閉塞
左→途中で狭窄&閉塞


卵管、両側とも閉じてる!!!!ことが判明。

いや~、ショックでしたね~・・・。

だって、懐妊しないのは主人のせいと思ってたから!!!

タバコも吸うし、お酒もガブガブだし、仕事も忙しいし・・・絶対、主人の元気玉のせい!!

と思ってたから。
(自分が肥満とか言うことは完全に棚に上げている(笑))

だから、自分に原因があると知って、余計にショックでした。
結果を主人に伝えたら、
主人 「ほ~れ見ろ ( ̄¨ ̄)(ドヤ顔。腹立つ!!!)」
と言われたし。

まあ、なんとなく私の態度が伝わってプレッシャーだったんでしょうね・・・。
コッソリ(バレたけど)、元気玉の質向上のためのサプリなんかも飲ませていましたしね・・・。

で、より高度な治療が出来る病院へ転院することになったのですが・・・。

そこで(主人のゴリ押しによる)「セカンドオピニオン」として受けた卵管造影。
100%諦めの気持ちを抱いて受けたところ・・・なんと、見事、開通しておりました!!!

その証拠写真です。

無事、開通!
(ねじれた卵管と、卵巣)
卵管造影11



その場で腹腔内に漏れ出す様子
(卵巣の先にポロポロと玉が出来ている)
卵管造影22


念のため、翌日。
(腹腔内に造影剤が散らばっている)
卵管造影翌日2


最初に「両側閉塞」と言われたときは、結構なショックだったのですが・・・。
鍼灸の先生の治療!
漢方の先生の治療!
主治医(転院先)の神の手!

のおかげで、開通!!!

嬉しかったですね~。本当に。
体外受精しか道はない、とはっきり言われましたからね・・・。

妊活中は、この写真を励みにしていました。

もし、同じように「両側閉塞」と診断されて悩んでいらっしゃる方がいたら・・・。
体外受精に進む前に、検査は痛いかもしれませんが、もう一度、確認してみるのも手かもしれません。




記事検索
ギャラリー
  • 【2か月】 我が家の寝室事情 ~ネコとムスメと私~
  • 【2か月】 我が家の寝室事情 ~ネコとムスメと私~
  • 【アフィあり】乳児の湿疹にウィッチヘーゼル化粧水【普通にどこでも買えますが・・・】
  • 【アフィあり】乳児の湿疹にウィッチヘーゼル化粧水【普通にどこでも買えますが・・・】
  • 【1か月】赤ちゃんの湿疹。ウィッチヘーゼルが効く?【1m3w】
  • 【1か月】赤ちゃんの湿疹。ウィッチヘーゼルが効く?【1m3w】
  • 【出産直前~産後8週】 妊娠中と出産後の体重~経時変化~ 【適宜更新】
  • 【出産費用】 妊娠糖尿病で生命保険がおりる。帝王切開だと倍率ドン!
  • 【4週~36週】 妊娠中の体重~経時変化~ 【最終報告】
  • ライブドアブログ