2015年04月

2015年04月19日

38歳から、ゆる~く不妊治療を始めました。
その軌跡を。

【38歳、7月頃】
・漢方内科へ月1回通院
職場の近くに漢方専門の内科がありまして。
どうせ飲むなら、漢方薬(味が大好き!)ということで、ひとまず、通い始めました。
ここでの治療は、「直接的に不妊!」というより、それに結びついているであろう身体全体の調子を整えると言うものでした。
その結果、まずは、「熱さばき」「お血」の解消から始める事に。
また、西洋医学的にも見ていただけるところであったため、「高血圧(軽症)」も投薬開始(西洋薬)。

・鍼灸院へ週1回通う
漢方好きなら、鍼灸も好き!です。
幸い、職場の近くに1回2,000円で見て下さるところがあり、腰痛にも悩まされていたので通うことに。
ここでの治療も、上記の漢方内科と同様。
「直接的に不妊!」というより、それに結びついているであろう身体全体の調子を整えると言うもの。
その結果、まずは、「熱さばき」「冷えのぼせ」「下腹部の(氷のような)冷え」などなどなどをとる所から始める事に。
ちなみに、私自身は「冷え性」と感じたこと、一度もないので、「冷え」とされたときにはビックリしました。
確かに、暑がりなのに、下腹部やお尻などは氷のように冷たかったです・・・。

【38歳、12月頃】
・不妊系クリニック受診(西洋医学)
漢方医院(女性の先生で不妊治療も経験されていた)の薦めもあり、不妊検査&治療をはじめることに。
いきなり不妊専門!だと怖いので、近くのクリニックで不妊治療を受ける。
ここで、各種ホルモン検査などをし、まずまずの数値。
年齢もあるのでAIHを薦められるも、(主人の気持ちの問題もあり)「まあまずはタイミング法でいてみましょうかね~」ということになる。
基礎体温を3ヶ月記録した後、「クロミッド服用→タイミング→hG注射(5000)」で様子を見ることに。

以後、漢方、鍼灸、クリニックの三つ巴で不妊治療スタートしました。

ちなみに、不妊系クリニックで検査した項目は以下。
・私の血液検査(LH、FSH、エストラジオール、プロゲステロン)
・フーナーテスト
ゆるい(笑)
オールクリアでした。

【38歳、3月頃】
・漢方内科
脂肪肝を指摘され、近くの肝臓専門内科で診察。
重度の脂肪肝(5段階中の4番目)と言うことが判明。
以後、夜ご飯だけ糖質を制限した食事療法を摂る。
さらに、飲んでいたサプリメント(ただの葉酸)をビタミンB群コンプレックスのものに変更。
もちろん、運動も取り入れる。
84Kg→76Kg(40歳、11月頃)

【39歳、8月】

・不妊系クリニック
約8ヶ月ほど様子を見たが、懐妊しないねぇ~もう少し検査して見ましょうか!
(まあ、主人の出張の関係で、3回くらいしかタイミングとれなかったと言うのもあるのですが)
ということで、卵管造影に挑む
全然痛くない!!と思って喜んでいたら、
右→子宮の根元部分で閉塞
左→途中で狭窄&閉塞

ということで、卵管が両側とも閉塞している状態であることが判明、体外受精しか道はないという結果に。
チョット泣く
体外受精までは出来ないクリニックだったので、それが出来るところに転院を薦められ、転院。
不妊専門と迷ったが、内科系の疾患もあるため、体外受精~出産まで一貫して出来る総合病院へ。

・鍼灸院

下腹部の変な冷えがとれてきた(自覚症状はない)、全身の状態も非常に良くなってきた、とのこと。
卵管両側閉塞のことを伝えると「う~ん・・・あまり信用できないなぁ~」と。
(これまでの患者さん?のなかでも、「閉塞」と言われてた人が普通に妊娠したり・・・らしい)

・漢方内科

卵管閉塞については、東洋医学的な意見(鍼灸院と一緒)と西洋医学的な意見(不妊系クリニックと一緒)をもらう。
全身状態は良くなってきているので、諦めないようにアドバイスをもらう。

【39歳、9月】
・総合病院(転院先)
不妊系クリニックから転院。
まずは、主人の元気玉の検査。
年齢の割には、恐ろしく最高に元気とのこと(運動率、奇形率ともに驚くほどに。何故だ)。
次に、主人が強く希望したので、もう一度(諦めつつ、しぶしぶ)、卵管造影を受ける。
開通してた
(個人的には、漢方、鍼灸、主治医(転院先)の神の手のおかげと思っています!)
そのまま、AIHが出来る時期を探しながら、その時が来るまでタイミング。
(主人と私の休みが一致しなかったので・・・)

【40歳、1月】
妊娠が分かる(タイミング法)。
なお、分かった瞬間から漢方薬(先生の指示)と糖質制限(ケトン体の胎児への影響を考え)を止めました。
一気に、76Kg→77Kg後半へ orz・・・
まあ、当たり前ですね。

【40歳、1月以降】
・鍼灸院
続けて行っています。
おかげか、つわりは非常に軽かった(ほぼ、なかった)。
体調も、良いです

・漢方医院

「つわりが酷かったら来てね~」とのことで、一旦、卒業。
何かあったら行こうかな~と言うところです。

・総合病院(転院先)
ここで産むことが決まっています。
3月に(週数の進行とともに)婦人科を卒業→産科に転科。
また、妊娠糖尿病のため、4月から内科も追加。



記事検索
ギャラリー
  • 【2か月】 我が家の寝室事情 ~ネコとムスメと私~
  • 【2か月】 我が家の寝室事情 ~ネコとムスメと私~
  • 【アフィあり】乳児の湿疹にウィッチヘーゼル化粧水【普通にどこでも買えますが・・・】
  • 【アフィあり】乳児の湿疹にウィッチヘーゼル化粧水【普通にどこでも買えますが・・・】
  • 【1か月】赤ちゃんの湿疹。ウィッチヘーゼルが効く?【1m3w】
  • 【1か月】赤ちゃんの湿疹。ウィッチヘーゼルが効く?【1m3w】
  • 【出産直前~産後8週】 妊娠中と出産後の体重~経時変化~ 【適宜更新】
  • 【出産費用】 妊娠糖尿病で生命保険がおりる。帝王切開だと倍率ドン!
  • 【4週~36週】 妊娠中の体重~経時変化~ 【最終報告】
  • ライブドアブログ